WEBプログラマー便利帳
HTML
さぁ!HTMLだよ!
 HTMLとはwebブラウザで表示する言語なんだ。
HTML(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作るための最も基本的な言語のひとつなんだ。そして僕らはWEBブラウザって言うサイトを表示するソフトを使い表示するんだ!(主にインターネット・エクスプローラーなど)
インターネットを観覧するにはブラウザを起動しないといけないよ!
HTMLタグ(目的別)
HTMLタグ(アルファベット順)


さて、HTMLを書く準備をしよう!前書で書いた通りindex.htmlファイルをメモ帳で開くんだ!

まずは
<!DOCTYPE html>
この文書は「HTML」ですよ〜って宣言しブラウザを標準モードにするんだ!ちなみに「DOCTYPE宣言」っていうんだよ!この宣言は必須だから覚えておいてね!

そして
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
 内容
</html>

ここからここまでが「プログラムソース」ですよ〜って宣言をするんだ!ちなみに< >の中身(HTML)の部分を要素と呼び、その隣(lang)の部分を属性と呼ぶよ!
この様に要素に属性を付けて細かい設定や調整をするんだ!

さらに・・・
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
 <head>
  内容
 </head>

</html>
<head>から</head>内にホームページのタイトルやその他情報を<meta>要素を使い書いていくんだよ!

最後に
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
 <head>
  内容
 </head>
 <body>
  内容
 </body>

</html>
<body>から</body>内にホームページの内容を書く!

これがHTML基本構造だよ!わかったかな?

スポンサーリンク
このページの最終更新日:2016/12/14 08:38