★ WEBプログラマー 便利帳
*
*
*
*
*
▼スポンサー広告 次の広告へ
さぁ!ホームページを作ろう!
 ホームページを作るには色々な準備が必要だよ!
1・
パソコン
(「Windows」「Macintosh」「Unix」。僕は「Windows」を使ってるよ!)
2・
インターネット回線
(回線とプロバイダが必要になるからね!)
3・
サーバー
(色々あるけれど、「FTP」が使えるサーバーにしようね!)
これで準備OK!
▼スポンサー広告 次の広告へ
▼スポンサー広告 次の広告へ
このページではすでにインターネットに接続し閲覧している人だとは思うけど、スマホなどで見ている人もいると思いメモってみたよ。

『 パソコンを選ぼう! 』

いろんな種類があるので、まずはきみにとって、どのパソコンが合っているのかをまず絞り込もう!
4つのポイントを押さえることで、スムーズに目的のパソコンにたどり着けると思うよ。

そのポイントが下記の 4 つ!。
1・種類 を選ぶ
2・OS を選ぶ
3・スペック構成 を考える
4・メーカー を選ぶ

ひとつずつ見ていこうね。


1.種類を選んでみよう

種類は2種類!デスクトップ型とノート型なんだ。(ここではタブレットPCはノートPCとします)

机に据え置きで使いたい!→ デスクトップ 型
外に持ち出して使いたい!→ ノート 型

ちなみに僕はデスクトップ!やはり落ち着いて作業がしたいからね!
それぞれのメリット・デメリットを見て決めると良いよ。

詳しくは「デスクトップ型とノート型」で検索するとたくさんヒットするよ。


2.OSを選んでみよう

OS とはオペレーティングシステム ( Operating System )と呼ばれる ソフトウェア の事で、主に「 Windows 」 や 「 Mac 」 などのソフトがOSと言い、パソコンを動かすおおもとになるんだ。

僕はWindowsを使っている、やはり日本語に対応しているからかなぁ~。それにMacは高かった・・・orz
こちらも メリット と デメリット を把握して選んでおくと良いかもね。

詳しくは「OSの比較」で検索するとたくさんヒットするよ。


3.スペック構成を考えてみよう

さて、OSも決まったことだし、だいぶ絞り込んできたよね!どのような スペック( 性能 )のものを購入するかで使い勝手も価格も大きく変わってくるんだ。
ホームページを作成するってことでスペックを言うと、プログラム言語を書くソフトを使うだけなら性能が低くても十分なんだけど、絵や写真などを加工するソフトが割と性能が求めらちゃう、、まぁ使えればそれでOK!ってことだけどね。

下記のスペックがあればまず問題ないよ~。
必要な構成WindowsMac OS
プロセッサー Intel マルチコアプロセッサー(64 ビット対応必須)または AMD Athlon 64 プロセッサー Intel マルチコアプロセッサー(64-bit 対応必須)
オペレーティングシステム Microsoft Windows 7(64 ビット、Service Pack 1)または Windows 10*(64 ビット) macOS バージョン 10.15(Catalina)、macOS バージョン 10.14(Mojave)、および 10.13(High Sierra)
RAM 8 GB 以上の RAM(16 GB 以上を推奨) 8 GB 以上の RAM(16 GB 以上を推奨)
ハードディスク 2 GB 以上の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)、SSD を推奨 2 GB 以上の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)、SSD を推奨
モニターの解像度 1,024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,920 x 1,080 以上を推奨)
Illustrator でタッチワークスペースを使用するには、Windows 10 を実行しているタッチスクリーン対応タブレット / モニター(Microsoft Surface Pro 3 を推奨)が必要です。
1,024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,920 x 1,080 以上を推奨)
GPU OpenGL 4.x
オプション:GPU パフォーマンスを使用するには、Windows に 1 GB 以上の VRAM(4 GB 以上を推奨)があり、コンピューターで OpenGL バージョン 4.0 以降がサポートされている必要があります。
オプション:GPU パフォーマンスを使用するには、Mac に 1 GB 以上の VRAM(推奨:2 GB)があり、コンピューターで OpenGL のバージョン 4.0 以降がサポートされている必要があります。
eGPU は、Mac OS 10.13.5 以上でサポートされています。
インターネットに接続可能 必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。* 必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*
Illustrator CCていうソフトはこんな感じ、なんだか解んない人はパソコン売り場に行って聞くと早いよ!

4.メーカーを選んでみよう

さてさて、スペックも決まったでしょ~あとはどのメーカーにするかだね!
ぶっちゃけどこでも良いと思う。てか、どこも良い!(ホームページを作るうえでは)
運命的な出会いで決めていいよ~~!(その方が大事にするからね!)


パソコンの選びは 上の 4 つ を押さえて選んでいくといいよ。

次を読む >> 2・インターネット回線
▼スポンサー広告 次の広告へ
スポンサーリンク
▼スポンサー広告 次の広告へ
このページの最終更新日:2020/06/23 04:26