∇ WEBプログラマー 便利帳
HTML CSS
*
▼スポンサー広告
次の広告へ
▼スポンサー広告
次の広告へ
▼スポンサー広告
次の広告へ
このページではすでにインターネットに接続し閲覧している方でしょうが、スマホなどで見ている方もいると思いメモってみました。
インターネット回線って電話回線と同じように「通話をするなら電話回線」で「インターネットをするならインターネット回線」が必要なのです。
第二章『 インターネット回線 』
STEP1『ホームページ』を観るには?
STEP2『回線とプロバイダー』を選ぼう!
昔は電話回線を使ってモデムと言う機器につなぎプロバイダーに電話をする(話すわけではなく・・FAXみたいにピ~~ヒョロヒョロみたいな)、そしてインターネットの世界に入るんです。(すごく重かった、でも今はインターネット専用回線ができてマジたすかります。)
ひとつずつ見て行きましょうね。
STEP1『ホームページ』を観るには?
●ホームページの仕組み。

ホームページを観るにはインターネット回線とプロバイダーが必要です、具体的にいうと回線は有料道路でプロバイダーが遊園地かな?

そして回線をつなぐにはお金が掛かります、例えば有料道路を運営している人がいるように回線にも運営している人がいるんだ。

NTT東西やKDDI、電力会社にCATVなどが当てはまります!聞いたことあるのでは?

次にプロバイダーですが、遊園で例えるとまさにミラクルワールド!インターネットの世界につながる入り口だぁ~~!当然、遊園に入場料を払うようにプロバイダーにも使用料を払いIDやパスをもらって入場します。



STEP2『回線とプロバイダー』を選ぼう!
●回線とプロバイダーの契約。

電気屋さんのパソコン売り場にいくと「今ならなんとインターネットお申込みで○○○○円キャッシュバック!」的なサービスをたまに見かけます。

スマホを持ってる人は「インターネット」で検索するとごろごろ出てきます!

んで、「そんなコト知ってるよ~」「毎月の支払おさえたいんだよ~」って人は回線とプロバイダーを別々で契約するのも良いかもですね。

人気があり過ぎる回線やプロバイダーだと混雑時に回線速度が急激に遅くなるパターンもあるから注意しましょう!

あとは、ノートパソコンでどこでも作業がしたい人はポケットWi-Fiかスマホを持っていればテザリング機能を使うのも有りだと思います。

ちなみに自分の回線は「au」でプロバイダーが「Sonet」んで携帯でんわ!携帯電話x2・プロバイダー・固定電話の4つセットで3万弱です!



次を読む >> 3・サーバー